引越しで必要な手続き

MENU

これで万全!引越しのToDoチェックリスト

引越しに必要な作業内容をジャンルごとにチェックリストにしました。
プリントアウトして一つずつ消していきましょう。
やる事をキッチリと整理して進めていけば、それだけで無駄のない引越しにつながります。

 

 

引越し日がきまったら、順次済ませること

 

ライフラインの契約等の事務変更手続きは、引越し先と日付けが決まったら、まずは早めに済ませます。

 

□賃貸契約の解約
□役所で転出・転居届、国民健康保険、印鑑登録など
□子供の転校届
□インターネット環境の移転手続き
□電気の利用停止・開始手続き
□ガスの利用停止・開始手続き
□水道の利用停止・開始手続き
□固定電話の移転手続き
□携帯電話の住所変更
□NHKの住所変更
□その他配達サービスの住所変更
□郵便物の転送届
□金融機関の住所変更
□各種保険の住所変更
□ペットの登録変更

 

 

引越しに向けての準備作業

 

実際の荷物の移転の準備は、転居先の部屋をどうするかをまずイメージし、インテリア計画をたてることが優先です。
それにより、必要な家具が決まり、粗大ゴミとして処分するものが決まります。
さらに、引越し先でスムーズな開梱ができます。

 

□転居先の下見
□転居先の清掃
□転居先の家具配置図作成
□旧居のハウスクリーニングの見積もり依頼(もしくは清掃の段取り)
□最後のゴミ処理方法の確認
□梱包資材の準備
□あまり使わない物から梱包
□粗大ゴミの処分
□パソコンのデータバックアップ
□(前日までに)洗濯機の水抜き
□(前日までに)冷蔵庫の整理・水抜き
□(前日までに)灯油の抜き取り

 

挨拶関連

 

旧居新居ともに挨拶の準備は早めに済ませましょう。

 

□挨拶状の作成
□挨拶状送付リストの作成
□挨拶状の発送
□旧居での近隣への挨拶
□転居先での手土産の準備
□新居での挨拶

 

引越し業者とのやりとり

 

引越し業者とのやりとりを早めに始めると、交渉には有利です。
話がしっかりと出来ますし、検討する時間と余裕がとれます。

 

□引越し業者を一括見積もりで複数選定
□引越し業者の訪問見積もり
□引越し業者の決定
□当日の精算のための現金準備
□当日の精算

 

転居後の手続き

 

転居後はホッとして精神的にも急ぐ必要がなくなりますが、各契約の住所の変更などが漏れていると、思ってもいないところで手間がかかります。
このToDoリストを使って漏れのないようにしましょう。

 

□旧居の引渡しと敷金の精算
□転入届の提出(2週間以内)
□国民健康保険、国民年金の住所変更
□印鑑登録
□運転免許の住所変更
□車庫証明申請
□自動車の登録変更
□パスポートの住所変更
□クレジットカードの住所変更
□ペットの登録

必見!引っ越しの手続きTODOリスト記事一覧

引越し先と大体の日時が決まったなら、まずは役所の手続きを終わらせましょう。漏れのないようにキチンと準備できていれば1回行くだけで終わります。また、新居でも役所に行く必要がありますが、こちらも一日で終われるように準備しましょう。転出・転居届転出届を旧住所で出し、転出証明書をもらいます。そして、それと転入届を新居の自治体に出すことで住民票を移動します。名前が似ていますが、転居届は引越し先が同一市区町村...

賃貸契約が旧居と新居でできるだけかぶらないようにするのはもちろんですが、公共料金などのライフラインの移転も早めに準備し無駄のないようにしましょう。予定通りに引越しできる場合は引越し日を各社に伝えるだけで済みますが、引越し後に旧居に戻って掃除や不用品の処分をしなければならない場合には注意が必要です。手際が悪く夜になってしまい、懐中電灯の灯りの元でガランとした部屋で夜を過ごすのは切ないですねよ。そんな...

現在の引越しで落とし穴があるとすれば、インターネットの契約に関してでしょう。現在の契約先の言われるがままに引っ越すと、もったいないサービスで契約せざるを得なかったりしますし、乗り換えるにしても早めによく調べて準備しなければ、引越し先でインターネットが使えないという事態にもなりかねません。逆にちょっとでも情報に対してアンテナを張っていれば、引越しに合わせてお得に回線を開くということもできます。ネット...