MENU

一括見積もりで安く引っ越す

安くて技術の高い引越し業者は、どうやって見つければよいのでしょうか?
以前であれば、電話帳の引越し業者のページを順にめくって電話をかけるのが基本でした。
今は当然のことながら、インターネットを使って検索するのが主流になっています。
インターネットを使っての業者探しの強い味方が、「一括見積もりサイト」です。

 

 

一括見積もりサイトの仕組み

 

引越し料金は業者によってかなり差が出ます。
ですから、感じのよさそうな一社に最初から決めて交渉すると、安くできるはずの引越しでも高くついてしまうことになりかねません。
一括見積もりサイトは、日本全国に散らばる登録業者に、一回の条件入力だけで見積もりを依頼できます。
エリアを選ぶだけでそのエリアに強い業者に自動的につながるので、無駄もありません。

 

住所と荷物の内容を入力すると、その条件で請けられる業者に内容が送られ、1〜2日中に各社から見積もりがメールで返信されます。
簡単に手に入る複数業者の見積もりを比較検討して、希望の業者に依頼するという流れが、それぞれのサイトの理想とする形です。

 

しかし、それ程簡単にいくわけではありません。

 

 

一括見積もりサイトの落とし穴

 

上記のような流れには大きな落とし穴があります。
それは、依頼者が自分で荷物を数えて入力するので、見積もり内容が厳密ではないこと。
人間心理として、引越しを安くしたいと考えているとどうしても過小評価して少なめに入力してしまいます。
引越し当日になって荷物が多いことがわかると、トラックに積みきれず、引越しが当日中に出できないというようなトラブルが起こるのです。

 

そんなトラブルを避けたいと思っている多くの業者は、サイトのコンセプトに反するにも関わらず、一括見積もりの依頼では見積もりを出してくれません。
訪問して直接聞き取りをしてから見積もりを出します。
一括見積もりサイトを営業のきっかけとして使っている会社がほとんどです。
そういった訪問見積もりを必須としない業者でも、直接電話で話しての荷物の確認は最低限の条件にしていますし、できるだけ訪問見積もりをさせて欲しいと言ってきます。

 

逆に訪問見積もりを強く求めないで、ひとまず見積もりを送ってくる業者は、トラブルが起きることを当然とした上で仕事の数を取ろうとしているので、消費者としては避けたほうがよいと言えるでしょう。

 

 

一括見積もりサイトから引越しはスタートする

最終的には今までと同様に、業者が家まで見積もりを取りに来ますが、業者の選定は一括見積もりサイトからスタートするのがよいでしょう。
一括見積もりサイトには、見積もりシステムだけでなく、細かい引越しの情報があったり、引越しに関わる様々なサービスの紹介もされていたり、キャンペーンをやっていたりとお得情報が豊富なので、よりよい引越しのパートナーとして使えます。

一括見積もりで引っ越しを安く抑えよう!記事一覧

一括見積もりで出てくる見積もりの比較検討をし、業者と交渉して無駄のない見積書で契約するには、引越し料金の内訳を詳しく知らなくてはなりません。引越しの見積もり内容は大きく5つに分けられます。@運賃 基本料金、割増料金A人件費B梱包・養生費CオプションサービスDその他もちろんどの会社でもこのように見積書にあてはめて書かれるわけではありません。例えば、最近の引越しでは梱包用のダンボールは無料で支給される...

無駄のない引越をするためには、自分に合った業者を探し出し、適切な交渉をして、自分に必要なサービスをできるだけ安く契約することが必要ですです。引越しは業者によって万単位で見積もりが変わってきますので、相場といっても幅が広いのです。見積もりが出たら平均料金と比較して細かく内容を検討し、その料金の理由を少しでも理解し、交渉していきましょう。単身者は単身パックを狙う単身者の引越しは、荷物の量が少ないため、...