MENU

訪問見積もりの方が安いんです

引越しをできるだけ安く、かつスムーズに済ませるためには、まずウェブで自己申告での一括見積もりを依頼します。
その返信を見て、よさそうな3社ほどに訪問見積もり依頼をします。
そして、見積もりスタッフが実際に家の様子を見てから正式な見積もりを出します。

 

訪問見積もりには、1社あたり30分〜1時間ほどかかりますので、忙しい中ではその時間を削り、ウェブ見積もりだけで依頼会社を決定したくなります。
しかし、それは間違いです。

 

訪問見積もりの役割

 

訪問見積もりとは、単に営業マンが荷物の数を確認して、正式な見積もりを出したり、値引きの交渉をしたりするためでけのものではありません。
引越しにあたり、周囲の状況を確認したり、よりニーズに合った引越しの相談をしたりして、当日のトラブルを減らす役割も果たしています。
トラブルの例として、荷物が多すぎてトラックに詰めなかったり、トラックが家のそばに停められなかったり、荷物が扉を通らなかったり、法律上運べない荷物があるのに気付かないといったケースがあります。
訪問見積もりを行えば、そのようなトラブルは回避できます。
また、当日までにどうしておけばよいか、引越しのプロからアドバイスなども受けられるので、効率のよい引越しのためにはとても役立ちます。

 

訪問見積もりの方が安い理由

 

ウェブ見積もりの金額と比べると、訪問見積もりの方が金額は安くなります。
なぜかというと、ウェブからの見積もり依頼に対してはトラブルを避けるために、自己申告の荷物量よりもちょっと多い荷物を見込んで計算するからです。
依頼者はどうしても荷物を少なく申告しがちだからです。
また、大きなトラック1台で済みそうな引越しでも、道の狭い住宅街などであれば、万が一道を通れない可能性を考えて小さいトラック複数台で見積もりを立てるといった場合もあるでしょう。

 

逆に訪問見積もりであれば、厳密に荷物量を計算でき、使えるトラックも明確になるのでリスク分を余計に計算しなくてもよくなります。
そのため、訪問見積もりの方が、金額が安くなるのです。

 

忙しかったとしても、安くて安全な引越しのために訪問見積もりは必須です。

引っ越しの契約は訪問見積もりで決めよう!記事一覧

訪問見積もりを受けなければならない一番大きな理由は、営業マンの目で数えることで、見積もりミスをなくためです。一括見積もりサイト上には「気軽に簡単に見積もりできます」というようなうたい文句が踊っていますが、それは訪問見積もりをすることが前提にあるからです。訪問見積もりがないのであれば、自分で時間をかけて厳密に荷物を数える必要があります。パソコンの前に座り、背中にある荷物を想像しながら画面の見積もりフ...

ウェブでの一括見積もりで出てくる見積書は概算であり、訪問見積もりをお願いする上でのきっかけでしかありません。そこに書かれている合計金額の大小は、安くて高品質な業者と出会うための役には立ちません。見積もり依頼に返信してきた業者の中から3〜4社を選び、訪問見積もりを依頼しましょう。訪問見積もり業者を選ぶ大きなサイトで一括見積もりを行うと、結構な数の業者からメールで返信があります。また、直接電話をかけて...

ウェブ上で簡単に複数の引越し業者に見積もりを依頼できる現在は、相見積もりを取って検討するのが当たり前になりました。複数の業者と話をすることで、合計金額の比較はもちろんのこと、サービス内容なども細かく比較できます。また、上手く交渉することで、さらなるサービスを引き出しやすくなっているのです。相見積もりで勝つための準備まず沢山の業者から見積もりをもらうよりも3〜4社に抑えたほうが無難です。業者数が増え...