引っ越し先の挨拶について

MENU

引越し前の挨拶

仕事関係でお世話になった方々へ、一人一人に挨拶をするのは大変です。
そういった場合には、お別れ会という名目でのランチを活用しましょう。
引越しに向けて慌しくなる中で夜の食事に時間を取られるのは、スムーズな引越しのためには、できるだけ避けた方が無難です。

 

また、近所の方々への挨拶は、必ず引越し当日よりも前に終わらせます。
なぜなら、引越し当日に荷物の出し入れでお騒がせするということを伝えなければならないからです。

 

また、新住所を伝えるための挨拶状の準備は、引越しが決まったら最優先で終わらせてしまいましょう。
引越し後にやろうとすると、慌しいためにどうしても遅れがちになり、時期を逸する可能性が高いのです。
引越し前に送り先をリストアップし、葉書を作成しておき、引越しが済んだらそのまま新居近くの郵便ポストに投函するのが、無駄のない引越しにつながります。
昔は葉書を出すのが当たり前でしたが、最近はメールでの挨拶も一般的ですので相手によって使い分けましょう。

 

引越し後の挨拶は必要?

 

新居の近所への挨拶はしなければいけないのでしょうか?

 

「向こう3軒両隣」と言われる引越し後の挨拶ですが、現在では必ずしもこれが絶対ではありません。
特に都市部の近所づきあいを好まない人が集まる場所では、挨拶自体をしたくない人ばかりの場合もあるでしょう。
また、特に女性のひとり暮らしの場合には防犯上の理由からも近所への挨拶は絶対ではありません。

 

しかし、それを考慮した上でも、やはり近所への挨拶は大切です。
上記と矛盾しているかもしれませんが、近所づきあいが深いことは地区の防犯の大きな助けになります。
また、近所に顔を出しておくことで、万が一トラブルが起きた際にも大ごとにならずに済む場合が多いのです。

 

新居周りへの挨拶は、近所づきあいを嫌う最近の人によっては大変ストレスになるかとも思いますが、最初にちょっと頑張ってハードルを越えてしまいましょう。
それだけで、その後のスムーズな生活の大きな助けになるのです。

 

挨拶時には、洗剤やタオル等の生活必需品を持って行くのが一般的ですね。
しかし、それ以上に全ての家庭に必要とされている最上級の生活必需品があるのはご存知ですか。
それは「地域のゴミ袋」。
これはどんな家庭でも必ず必要なものなので、新しいコミュニケーションのスタートに力強い助けになってくれるでしょう。