MENU

引っ越し相場を知ろう

無駄のない引越をするためには、自分に合った業者を探し出し、適切な交渉をして、自分に必要なサービスをできるだけ安く契約することが必要ですです。
引越しは業者によって万単位で見積もりが変わってきますので、相場といっても幅が広いのです。
見積もりが出たら平均料金と比較して細かく内容を検討し、その料金の理由を少しでも理解し、交渉していきましょう。

 

単身者は単身パックを狙う

 

単身者の引越しは、荷物の量が少ないため、小さなトラックを多く持つ業者が得意な分野です。
このタイプの引っ越しで一番安く済ませる方法は、赤帽のような個人運送業者を時間単位で依頼し自分も手伝って運ぶやり方です。
近隣への引越しであればトラックに一回で載りきらなかったとしても、時間内に往復すればいいのでとても効率的です。
単身で荷物の少ない方は、このやり方であれば1万〜2万円での引越しすることは可能です。

 

そうでなく、大手や中堅の業者で検討する場合、単身パックという名で各社\15,000程度から提示がされています。
その最低金額は冷蔵庫とテレビに布団程度のシンプルなものです。
実際には、それにタンスなどの家具が一個入るだけでもトラックの大きさが変わり、金額が大きく変わります。
見積もり時のポイントとしては、どの分量にすると一番ぴったりとトラックに収まるかどうかを聞き取ることです。
その内容によっては、家具を捨てて、引越し先で心機一転新しい家具を入れるという選択肢も視野に入れましょう。

 

・近距離(〜50km)  = \40,000〜\50,000(荷物少)/\50,000〜\60,000(荷物大)
・中距離(〜200km) = \50,000〜\60,000(荷物少)/\60,000〜\70,000(荷物大)
・遠距離(〜500km) = \70,000〜\80,000(荷物少)/\80,000〜\90,000(荷物大)

 

 

2人夫婦

 

初めて二人暮らしを始める時には、スケジュールを調整しながら2軒から荷物を運び込むことになります。
そういった場合には2回分の引越しとなりますが、それに適したプランを用意している会社もあります。
片方が既に住んでいる家へもう一人が引っ越してくる場合はかなり荷物が少ないケースもありますね。
そういった場合は単身の引越しでお勧めした赤帽の利用や、ヤマトの家財宅急便を利用するやり方もあります。

 

一般的な2人暮らしの荷物量での引越しは、以下の通りです。

 

・近距離(〜50km)  = \80,000〜\100,000
・中距離(〜200km) = \90,000〜\110,000
・遠距離(〜500km) = \110,000〜\130,000

 

 

4人家族

 

家族が増えると、荷物量にも差が出て平均の金額に幅が出ますので参考程度となります。
荷物を減らしたり、引越し時期を繁忙期からずらすことでかなり安く引っ越すことができます。

 

・近距離(〜50km)  = \100,000〜\130,000
・中距離(〜200km) = \120,000〜\180,000
・遠距離(〜500km) = \140,000〜\200,000

 

繁忙期と通常期の料金

 

上に挙げた料金はちょっと高いと感じた人もいるかと思いますが、これは3月〜4月の繁忙期の料金です。
通常期はその20〜30%程度は低い金額が目安となります。

平均料金を知って賢い引越しをしよう関連ページ

安く引っ越すために料金の仕組みを知ろう
引っ越し見積もりをする前に知っておきたいのが引っ越し料金の仕組み。これを知っておいて賢い引越しをしましょう。