訪問見積もりで引っ越し料金を安く

MENU

訪問見積もりのコツ

ウェブでの一括見積もりで出てくる見積書は概算であり、訪問見積もりをお願いする上でのきっかけでしかありません。
そこに書かれている合計金額の大小は、安くて高品質な業者と出会うための役には立ちません。
見積もり依頼に返信してきた業者の中から3〜4社を選び、訪問見積もりを依頼しましょう。

 

訪問見積もり業者を選ぶ

 

大きなサイトで一括見積もりを行うと、結構な数の業者からメールで返信があります。また、直接電話をかけてくる業者もあります。
その連絡内容は業者によって3種類に分けられます。

 

@概算見積書を送ってくる。
A電話で見積もり内容を確認した上で見積書を出す。
B見積書は訪問見積もり後にしか出せない。

 

この中で最初に外す候補は@の概算見積書を送ってくる業者です。
概算見積もりとは言え、あわよくばそれで決めて欲しいという様子が感じられたらまず最初に外しましょう。

 

前に述べたように、概算見積もり自体は何の参考にもならないどころか、トラブルを引き起こす元なのです。
それが分かっているにも関わらず、それで決めようとする業者は、トラブルを当たり前の事として考え、それを含んでさえも売り上げを優先する社風なので、依頼者にとってはまず避けたいものです。

 

Aの電話をかけてくる業者には、時間に余裕があれば電話での見積もりを依頼してもよいでしょう。
しかし、その見積もりは完全ではないためにリスク分の加算が含まれますので、訪問見積もりよりも料金は高くなります。
出てきた見積もりに、トラックの内容や人員の配置数まで含めて書かれていれば、候補に入れましょう。

 

最初の対応でこのような条件で削り、あとはメール対応の早さ、メールの内容が簡潔でわかりやすいかどうかなどを検討しながら3〜4社に絞ります。
それ以上ですと訪問見積もりに時間が取られますし、交渉も集中してできなくなります。

 

営業マンは引越し熟練者かどうかをチェック

 

訪問見積もりを推奨するのは、金額が安くなりトラブルが減ることが理由ですが、もう一つ大事なポイントがあります。
それは営業マンから社風を見極められるという点です。

 

正確な見積もりを取るには現場の経験が欠かせませんので、営業マンは、基本的には現場上がりの熟練者です。
しかし、会社によってはマニュアルにそった見積もり作成で経験の浅いスタッフが営業をする場合もあります。
そういった会社は最終候補からははずしましょう。
営業は最も熟練したスタッフが行うべきなのですが、そこに人員を配置できないのは、現場のスタッフの層が薄く、手が離せないということです。
ベテランが営業マンとして来る会社は作業品質も高いはずです。

 

見積もりから契約まで

 

営業マンが荷物と周囲の状況を確認すると、たいていはその場で見積書を作成してくれます。
当然の事ながら、その場で決めてほしいと言ってきますが、まずは我慢して、他社と比較検討したいと伝えて下さい。
その上で、どういった条件ならこれよりも安くできるかどうかを聞いてしまいましょう。
もちろんその日最後に来た業者であれば、他社の数字を見せて交渉するのは問題ありません。

 

引越し料金を安くするキモは訪問見積もりのこなし方関連ページ

どうしても訪問見積もりが難しい場合
「訪問見積もりが必須」とは言っても、引越しが決まるのが遅かったり、仕事で忙しく家にいる時間が全くなかったりなど、時間がない場合はどうすればよいでしょうか?
安く引っ越しする方法!賢い相見積もりとは
引っ越しの値段を安くする方法に相見積もりという方法があります。相見積もりのコツを紹介します。