引っ越しでネットも見直し

MENU

ネットの引越しで得をする

現在の引越しで落とし穴があるとすれば、インターネットの契約に関してでしょう。

 

現在の契約先の言われるがままに引っ越すと、もったいないサービスで契約せざるを得なかったりしますし、乗り換えるにしても早めによく調べて準備しなければ、引越し先でインターネットが使えないという事態にもなりかねません。

 

逆にちょっとでも情報に対してアンテナを張っていれば、引越しに合わせてお得に回線を開くということもできます。

 

ネットの環境に関しては各家庭で契約状況が多岐に渡り、完璧なマニュアルが作れません。
結局は自分で勉強しなければいけませんので、最低限知っておくべき内容を整理しておきますので、役立てて下さい。

 

インターネット契約の仕組み

 

固定電話や電気の契約はNTTや電力会社などそれぞれ1社と行いますが、インターネットをつなぐには、たいていの場合に2社がからみます。
それが、回線業者と、プロバイダです。
回線業者が家までのケーブルを管理し、そのケーブルを通してインターネットの世界に自宅のPCをつなぐのがプロバイダです。
そして、インターネットの引越しはどちらの業者に連絡してもスタートできます。

 

手間をかけないネットの引越し手続き

 

金銭の事を考えず、一番手間をかけずにネット環境を引っ越すためには、プロバイダに引越しの連絡をして指示を仰ぎましょう。
もしも、回線業者に引越し依頼をした場合、引越し先にその回線がつながっていない場合がありますし、料金の高い回線しかなくても契約せざるを得ないからです。

 

特に賃貸の集合住宅の場合にはこの問題が大きくなります。
もしもプロバイダ経由で手続きをすれば、その建物使える複数の回線がある場合には、得なものを選ぶことができます。
物件によっては大家負担で割引されている場合がありますので、事前に確認が必要です。

 

全く時間に余裕がないのであれば仕方ありませんが、単にプロバイダに連絡して言われるがままに引越し手続きをするのは、決して賢い選択ではありません。

 

ネット契約を完全に見直して得をする

 

そのスピードは落ちたとは言え、ネットの世界は日進月歩で進化していて、常に新しいサービスが開発され続けています。
基本的には新しく開発されたサービスであればあるほど、金額が安くてサービスも充実しています。
他の世の中のサービスのように、老舗だから良い部分もある、という考えはほぼ当てはまりません。
ですので、できるだけ得をしたいのであれば、引越しを機会に回線とプロバイダを一から検討しなおすというのは必須なのです。

 

さらに、一時ほどではないですが、競争が激しい業界ですので、引越しに合わせて新規で契約すると、月額利用料が無料になったり、移転工事費が無料になったりのキャンペーンをやっていることが多いものです。
それを狙って契約すれば、かなり通信費を節約できます。

 

その際に、今までの契約に複数年しばりがないかどうかチェックし、検討材料に加えることを忘れないようにして下さい。

契約見直しでネット代を安く抑えよう!関連ページ

引っ越し前後の役所の手続きはお早めに!
引っ越してからうっかり忘れてしまいがちなのが「役所での手続き」です。役所の手続きを忘れていると後々面倒なことが起こるので早めに済ませましょう。
引っ越しでの電気・水道・ガス手続きのコツ
引っ越しの手続きで忘れてはならないのが水道・ガス・電気などのライフライン。ガスの申し込みを忘れるとその日にお風呂に入れなかったりするので注意が必要です。