MENU

金額以上に喜ばれる引越し祝いの選び方

ここでちょっと視点を変えて、引越しをする相手に対してのお祝いと、そのお返しについて知っておきましょう。

 

友人や知人の引越しに合わせて今後の繁栄を祈って贈るお祝いが、引っ越し祝い。
似ていますが引越しそのものではなく、その人との別れに当って今までの感謝とこれからの旅立ちを応援する意味で贈るのが餞別です。

 

それぞれ頂いた場合には丁寧にお礼の気持ちを伝えるのはもちろんですが、お返しについては若干違いがあります。
引越し祝いには「内祝い」として金額の1/3程度の物をお返ししますが、餞別に関してはお返しの必要はありません。
どちらにしてもお礼の手紙を書きましょう。

 

また、新居のお披露目でおもてなしをするのであれば、それがお返しとなりますので特に内祝いを贈る必要はありません。

 

お祝いはいつ贈る?

 

新築の場合には、慌しい引越し日の直後を避けて、ちょっと落ち着いてから引越し祝を贈ります。
一番お互いに望ましいのは、新居にお呼ばれした際の手土産の形ですね。
ただし、引越し後に会う機会がなかなか取れないようであれば早めに送るのが良いでしょう。

 

逆に、新居に自分が引っ越す場合には、早めに知人を招待することを心がけるとよいでしょう。
招待が決まっていれば、それに間に合わせるように集中して引越し後の整理にも取り組みますね。

 

また、餞別は別れの際にはなむけに贈るものですので、必ず引越し前に渡します。

 

相場はいくら?

 

引越し祝いも餞別も相場は、付き合いや引越しの重要度により一概には言えませんが金額として1000〜5000円程度、親しい場合には3000〜1万円程度が目安になります。
特に餞別はお返しが必要ではないので、相手が気にならない程度の金額を心がけます。
どちらにしても、お祝いとしての金額はそれほど大きくありません。

 

そこで、できるだけ知人や仲間と合わせてまとまった金額の物を贈ると、自分が出した金額以上に喜ばれますのでおすすめします。

 

何が喜ばれるの?

お祝いに現金を贈るのは誰にとっても大変喜ばれます。
しかし、せっかくのお祝いですから贈る側の気持ちが伝わるようにしたいものです。

 

そのような場合には、喜んでもらいたいポイントを伝えながら相手に必要な物を聞いてしまいましょう。
例えば、「新居を飾るものを贈りたいんだけど…」とか、「夫婦で新居でゆっくりとお酒を楽しんで欲しいのだけれど、何が好き?」とか、ポイントをひとつ加えて伝えることで印象深い贈り物となります。

 

好みを聞く機会がなかったり、そういう関係でない場合には、タブーとして避けたい贈り物がありますので気を付けて下さい。

 

新しい家ですので、火事を連想させるキャンドルやライターは引越し祝いとしては適していません。
また、時計などの目に付くインテリアは、好き嫌いがありますので避けるべきです。
相手との関係が深くない場合には、生活必需品か消えものを選べば、金額の多少に関わらず、誰にとっても喜んでもらえる贈り物になります。