引っ越し当日の過ごし方

MENU

引っ越し当日にやること

当然のことながら、とにかく荷造りを終わらせていなければ話になりません。

 

荷造り以外に引越し業者の到着までに準備しておくのは、新居のインテリア配置図と、心づけです。
心づけは見積もり時に人数を確認しておけば、到着前に準備しておけます。

 

そして歯ブラシや洗面用具、朝食の食器など、旧居で最後に必要だった生活道具を一つのダンボールに詰めて作業スタッフを待ちます。

 

作業スタッフが到着したら、リーダーと状況確認をします。
基本的には、リーダーがこちらの部屋状況、梱包状況、外の搬出路の確認をして作業が始まります。
部屋数が多ければ、この時点で新居の配置図も含めて話をすると、積み込みの参考にもなるのでスムーズです。

 

さて、最初の打ち合わせ時に、トラブルを減らす重要なテクニックがあります。
それは、具体的に家具の傷を付けないように強く強く確認することです。
家具の所にリーダーを連れて行き、「この家具だけには絶対に傷を付けたくない」と他のスタッフも聞こえるように伝えます。
その時に、その家具に全く傷が付いていないことを一緒に確認し、もしも傷が付いている場合には、こういった傷をつけることのないように指差して伝えます。
引越しの際には、敢えて面倒くさい客だと思われることで、現場の雰囲気は締まりますので非常に重要です。

 

心づけを渡す際には、この時点で渡します。

 

搬出と搬入

 

運び出しが始まればそれ程やる事はありません。
スタッフの邪魔にならないように静かに様子をみていましょう。

 

搬出が終わったら、リーダーと一緒に残っている荷物がないかを確認し、新居での集合時間とトラックの停車場所を決めて移動します。
旧居を掃除する時間があれば、それを終わらせ、最後に鍵をかけ、新居に出発です。

 

新居で合流ができたら搬入の開始前に、新居のレイアウト図を使って荷物を運びこむ場所をリーダーと確認し、養生して搬入が始まります。
新築の場合には絶対に傷を付けたくありませんから、養生が薄いと思われる場合には、その場所に傷を付けたくない旨を伝えましょう。

 

搬入時には、色々と指示を出さなくてはいけないことが多いので、必ずスタッフの声が届く所にいるようにします。

 

最終確認

 

傷などのトラブルはできるだけ当日中にスタッフと共有しないと、解決に時間がかかるので、搬入の終わりが見え始めたら、家具の傷のチェックを始めます。
テレビなどの家電に電源を入れて正常に動くかどうかをチェックし、壊れ物を入れたダンボールがある場合には、その時点で開梱して中身を確認します。

 

そして、搬入が終わって養生を外し始めたら、新居の床や壁に傷が付いていないかどうかをよく確認します。
そして、トラックに何も残っていないことを確認して、リーダーと終了確認をし、料金を支払って終了です。