MENU

安い引越しを実現させるコツ

引越し料金は「距離」と「荷物の量」によって決まります。
見積もりで営業マンが検討するのは、荷物が何台のトラックに入るかどうかです。
極端なことを言えば、ダンボールが一個増えるだけでも、1台のトラックに積みきれない場合には、追加料金が発生してしまうのです。

 

小規模の引越しは荷物量にシビアになろう

荷物の少ない引越しでは特に、荷物の多少による料金の差が大きくなり、無視できないものになります。
冷蔵庫にベッド、寝具とちゃぶ台、それにキッチン用品程度を運ぶ、学生の引越しであれば、軽トラックだけで運べますので、赤帽に頼んで自分も手伝えば1〜2万円でも引っ越すことができます。
しかし、これに衣装ダンスが付くだけでも、引越し業者の単身パックの範囲になり、一般的な料金は3〜4万円となります。
なんと1つ2つ物が増えるだけで料金が2倍になってしまうのです。

 

こういった区切りに関しては訪問見積もりの営業マンとよく相談をし、トラック数を減らせるようであればそれを目標に荷物を減らしましょう。

 

荷物の減らし方

荷物を減らすには、当然のことながら整理が必要です。
以前の生活では必須だったりこだわっていたモノが、新しい生活では本当に必要なのか常に考えましょう。

 

必要か不要かがはっきりしていなかったり、いつかは使うはず…のモノは、重要なモノではありません。
新しい生活の爽やかなスタートのためには捨ててしまいましょう。
特に、就学や就職など生活スタイルが大きく変わる場合には、以前に使っていた物をできるだけ削った方がスムーズに新生活に入っていけるというものです。

 

特に大型家具・家電は、もったいない気がしますが、必要なければネットオークションやリサイクルショップなどを活用し、きっぱりと処分してしまいましょう。
特に家電はリサイクルとして売れる期間が限られていますので、どうせ売るならば早めの方がいいのです。
上手く売れれば引越し料金の節約になりますね。

 

その上で、新生活にぴったりフィットするモノを、無料お届けサービス等を使って引越しに合わせて新調できればそれに越した事はありません。
新しい家具を買うと、古い家具の引き取りサービスをやっている業者もありますので、そういった所を活用すれば、より安く満足度の高い引越しになります。

安く引越しするにはとにかく荷物を減らすこと!関連ページ

見積りの仕組みを利用したマイプランでの格安引越し術
友人にお願いしての引っ越しは是か非か?
引越しをできるだけ安く済ませたいという方の中には、友人や部下を使って安く済ませようという方もいらっしゃいます。 ほとんどの場合に、これは狙い通りにはいきません。
それは本当に節約?引っ越しの無駄を見極めよう
限りある予算で、削れるところは積極的に削り、削ってはいけないところはしっかりと費用をかけましょう。 費用や時間を節約したようで、無駄になっている例を挙げてみましょう。