引越しでのライフライン手続き

MENU

ライフラインの移転を無駄なく行う

賃貸契約が旧居と新居でできるだけかぶらないようにするのはもちろんですが、公共料金などのライフラインの移転も早めに準備し無駄のないようにしましょう。

 

予定通りに引越しできる場合は引越し日を各社に伝えるだけで済みますが、引越し後に旧居に戻って掃除や不用品の処分をしなければならない場合には注意が必要です。
手際が悪く夜になってしまい、懐中電灯の灯りの元でガランとした部屋で夜を過ごすのは切ないですねよ。
そんな場合に備えて電気と水道に関しては、緊急時でも対応ができるように、電話番号を控えておきましょう。

 

電気・水道・ガス・固定電話

まずは「引越れんらく帳」というサービスを探してみて下さい。
電気だけでなく、提携している他のライフライン移転手続きも一括で出来る優れもので、ほとんどの内容はこちらでまとめて済みます。
一つ一つの会社の連絡先を調べて電話をかける必要がないのです。
こういったサービスを積極的に活用し、時間を省いた無駄のない引越しを心がけたいですね。

 

電気と水道の移転手続きをすると、引越し日に担当者が来訪して、直前までの使用量をメーター確認して精算します。
転居後に新居で電気のブレーカーを上げたり、水道の元栓を開けばそのまま使用でき、料金が発生します。
開通が確認できたら玄関などに入れられている使用開始申込書をポストに投函しましょう。

 

ガスに関しては、連絡だけでは終わらないので注意が必要です。
開通に入居者とガス会社の係員の立会いが必要なのでスケジュールを調整しなければいけません。
もちろん基本的な段取りは、引越し当日に担当者が来るようにしますが、引越し自体がスケジュール通りに行かず深夜に延びる場合があります。
そういった場合には早めに連絡をしてスケジュールを組み直すことが必要です。
繁忙期にはそういったトラブルが多発しますので、注意しましょう。

 

郵便・宅配便の転送

郵便局への届出を行えば、旧居宛の郵便を一年に限り新住所へ転送できます。
窓口だけでなく、ウェブ上でも受け付けていますが、それぞれ必要な内容が違いますので自分に合った手続きをして下さい。

 

同じく、郵便だけではなく現在はヤマト宅急便も転送をする事ができます。
この手続きのポイントは、ヤマトから旧住所に葉書が送られ、それが新居に転送されることで確認となる点です。
そのため、まずは郵便局への届出が必要です。

 

新居に届く転送物には転送シールが貼られていますので、それを見つける度に相手に住所変更のお知らせをします。

 

 

NHKとその他の配達サービス

 

NHKはホームページ上から住所変更を行うだけですので問題ありません。

 

他に気を付けるべきは、新聞、牛乳やヤクルト、その他の食品の定期便などを使っている方は早めに確認しましょう。

 

また配達ではないですが盲点として、ご無沙汰しているクリーニング店に置きっぱなしになっている季節ものの洋服を忘れて引っ越してしまうことは多いようですので、ちょっと思い返してみて下さい。

引っ越しでの電気・水道・ガス手続きのコツ関連ページ

引っ越し前後の役所の手続きはお早めに!
引っ越してからうっかり忘れてしまいがちなのが「役所での手続き」です。役所の手続きを忘れていると後々面倒なことが起こるので早めに済ませましょう。
契約見直しでネット代を安く抑えよう!
引っ越しはネットの見直しの大チャンス。もしかしたら今までの使用量より大幅に値段が変わることもありえます。ここでは引っ越しの際のネット代見直しのコツについて紹介します。