引越しの役所手続きについて

MENU

役所の手続きは1日で済まそう

引越し先と大体の日時が決まったなら、まずは役所の手続きを終わらせましょう。
漏れのないようにキチンと準備できていれば1回行くだけで終わります。
また、新居でも役所に行く必要がありますが、こちらも一日で終われるように準備しましょう。

 

転出・転居届

 

転出届を旧住所で出し、転出証明書をもらいます。
そして、それと転入届を新居の自治体に出すことで住民票を移動します。

 

名前が似ていますが、転居届は引越し先が同一市区町村内での場合です。
こちらであればで役所に行くのは1回で済みますね。

 

どちらも新しい住所に住み始めてから14日以内に引越し先の役所の窓口にそれを提出します。

 

また、転出届は郵送で依頼したり、代理人に手続きしてもらうことも可能です。
この場合には時間がかかるので早めに手続きをしましょう。
詳しくは各市町村役場のホームページで確認できます。

 

健康保険・印鑑登録とその他の公共サービス

 

転出届に続いて、基本の公共サービスの住所変更手続きを行います。
ほとんどの役所では、引越しをすると言えば健康保険や住民基本台帳カード、印鑑登録に関しては一緒に案内されたり、自動的に手続きされますが、特殊なサービスに関しては抜ける可能性があるので自分でよく把握しておきましょう。

 

以下の加入者はその証明書を一緒に持って行きましょう。
また、その際に印鑑と身分証が必要になりますのでお忘れなく。

 

・住民基本台帳カード
・印鑑登録証
・国民健康保険証
・後期高齢者医療被保険者証
・介護保険被保険者証
・乳幼児医療証

 

 

転校の手続き

 

転校の手続きは、まず学校に転校する旨を報告し、必要書類を提出します。
その際に役所で「転学通知書」を入手する必要がある場合もありますのでそれを確認します。
そして、最終登校日に「在学証明書」「教科書給与証明書」をもらいます。
その書類は転校先で提出します。

 

 

引越し先での届け出

 

引越し後は、まずは自治体に転入届を提出し、合わせて引越し元で手続きをした他の公共サービスの移転も行います。

 

それ以外に引越し後の公的機関への一般的な届け出には、「運転免許証」「車」そして「犬」の登録があります。
これらの転入先での手続きは、役所だけでは終わらず時間がかかります。
行く必要がある機関の所在地をよく確認して計画を立てましょう。

 

運転免許証の住所変更は転入先の運転免許試験場か警察署でできます。

 

所有車の変更登録はやや複雑です。
自宅の駐車場であれば問題ありませんが、賃貸物件の駐車場や月極駐車場の場合には、まずはオーナーや管理会社から「自動車保管場所使用承諾証明」をもらわなければなりません

次に「車庫証明」を所管の警察署で交付してもらいます。
これには1週間程度かかることもありますので、引っ越したら早急に行いましょう。
すると、「自動車保管場所証明書」「保管場所標章番号通知書」「保管場所標章」の三つが発行されます。

 

その後、新住所を管轄する陸運支局で住所変更から15日以内に車の住所変更手続きをします。
所轄が変わる場合にはナンバープレートが変更されるので、申請時に自動車の持込が必要です。

 

 

ペットに犬を飼っている場合には、「犬の登録事項変更届」を引越し先の自治体に提出します。その際には鑑札を持参します。
これは、同一市区町村内での転居の場合にも必要になりますので注意して下さい。

引っ越し前後の役所の手続きはお早めに!関連ページ

引っ越しでの電気・水道・ガス手続きのコツ
引っ越しの手続きで忘れてはならないのが水道・ガス・電気などのライフライン。ガスの申し込みを忘れるとその日にお風呂に入れなかったりするので注意が必要です。
契約見直しでネット代を安く抑えよう!
引っ越しはネットの見直しの大チャンス。もしかしたら今までの使用量より大幅に値段が変わることもありえます。ここでは引っ越しの際のネット代見直しのコツについて紹介します。